三楽洞の奈良漬は個々の材料を吟味しその自然の風味を生かした逸品です。どうぞご賞味ください。


 奈良は日本の酒の発祥地といわれ、天平の頃から酒粕に野菜を漬け込んで保存食としてきました。
 慶長年間(1600年前後)、奈良の漢方医・糸屋 宋山が、白ウリを酒粕に漬けて売り出したのが最初の奈良漬であるとされています。これを、宮廷に献上したところ、時の帝より奈良漬の名を賜り今日に至っています。


成熟させた酒粕に 瓜・胡瓜・西瓜等を
数年かけて漬け込んだ自然の風味
■代表的な奈良漬
  ・うり 1舟  860円、1,400円、1,725
  ・うり 半切  645円、860円、1,080
  ・きゅうり3本 755
  ・きゅうり1本 645
   
   
■その他の奈良漬
  ・守口大根  150g 755
  ・小なす  150g 755
  ・西瓜 150g 970
  ・生姜 180g 860
  ・柿 2個 1,070
   
   

 漬け込み年数により、『極上』、『特選』、『天平』とあります。
 年数が経つにつれ、酒粕の風味が増し,まろやかなお味になります。お酒に弱い方は,年数の短い方が良いでしょう。
それぞれ,個人の好みがありますので,皆様のお口に合った物を選んでいただければいいと思います。  東向店では,すべて 試食していただけます。
漬け込み回数2回
 
漬け込み回数4回
 
漬け込み回数5回
   



















































西




































































































180g
200g


















180g
200g
3本
200g
1舟













N
O
.
3
N
O
.
2
N
O
.
1


















370g
700g










 

 


■きざみ奈良漬
  ・うり 200g 430
  ・ぶどう 180g 540
       
  奈良漬を細かく刻みました。酒粕ごと温かいご飯とご一緒に召し上がって下さい。
   
■こうふく漬
  ・うり 1舟 755
  ・きゅうり 3本 755
  ・こうふく味噌 180g 645
       
  酒粕で漬け込んだ奈良漬を焼酎で洗い流し、さらに金山寺味噌でつけこみました。酒ともろみの甘口で絶妙のハーモニィーをお楽しみください。
   
■箱入
  1,550 (うり半切 きゅうり1本)
  2,200 (うり半切 きゅうり1本 こうふく味噌)
  2,960 (うり半切 きゅうり1本 守口大根 小なす)
      
   
   
■樽入
  ・7寸 (うり1舟 きゅうり1本 西瓜)
   
3,240
 
  ・9寸 (うり2舟 きゅうり1本 西瓜 
守口大根)
   
5,400
 
   

※表示価格は税込みです。商品の価格や仕様は事前のお知らせなしに変更になることがあります。


奈良漬に関するお問合せ、ご注文はこちら




Copyright © 2001 三楽洞 Corporation All rights reserved.